当研究プロジェクトは下記の日本学術会議公開シンポジウムを後援します.

 

日本学術会議公開シンポジウム 原発事故被災長期避難住民の暮らしをどう再建するか

日時:2016年9月19日 13:00~ 場所:帝京大学板橋キャンパス 本部棟2階 臨床大講堂

※入場無料

 

プログラム

 

司会進行:矢野栄二(日本学術会議連携会員/帝京大学医学部公衆衛生学研究科教授)

 

1.主催者あいさつ(13時00分~13時10分)

小森田秋夫(日本学術会議会員 第1部部長/神奈川大学法学部教授)

冲永 佳史(帝京大学理事長学長)

 

2.シンポジウム趣旨説明(13時10分~13時20分)

町村敬志(日本学術会議会員/一橋大学大学院社会学研究科教授)

 

3.報 告(13時20分~15時00分)    司会:町村敬志

 

(1)山川充夫(日本学術会議会員/帝京大学経済学部地域経済学科長)

「原子力災害被災地の復興計画と帰還問題」

(2)坪倉正治(南相馬市立病院内科医)

「原発事故後における福島県相双地区住民の健康について」

(3)吉原直樹

(日本学術会議連携会員/大妻女子大学社会情報学部教授/東北大学名誉教授)

「帰還と移住の中の原発事故被災者コミュニティ」

(4)岡田正則(日本学術会議連携会員/早稲田大学大学院法務研究科教授)

「原発災害避難住民の「二重の地位」の保障

—-「生活の本拠」選択権と帰還権を保障する法制度の提案—-」

 

<休 憩>(15時00分~15時15分)

 

4.質 疑(15時15分~15時45分)    司会 町村敬志

 

5.まとめとお礼のことば(15時45分~16時00分)

春日文子(日本学術会議連携会員/原子力発電所事故に伴う健康影響評価と国民の健康管理並びに医療のあり方検討分科会委員長/国立研究開発法人国立環境研究所特任フェロー/フューチャー・アース国際事務局日本ハブ事務局長)