日本学術振興会 基盤研究S 課題番号25220403
お知らせ

年別アーカイブ: 2014年

学術フォーラムにて山川研究代表が講演します

被災地域の生活再建と生業復興に向けた学会活動 日本地域経済学会・会員 山川充夫 私たちの学会は地域経済学を専門とし、研究教育並びに社会活動に携わる研究者等から構成されている。東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故 …

double_track_type

「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか」フォーラム開催のお知らせ

学術フォーラム「東日本大震災・阪神淡路大震災等の経験を国際的にどう活かすか」(30学会からの発信) 開催日時 平成26年11月29日(土)10:00~17:30 開催場所 日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22番地 …

北山研究員が学会賞を受賞しました

災害予測防災チームの北山研究員がThe International Conference on Radioecology and Environmental Radioactivity 2014においてYoung Inv …

山川研究代表が委員長を務める日本学術会議東日本大震災復興支援委員会福島復興支援分科会から提言が出されました

山川研究代表が委員長を務める日本学術会議東日本大震災復興支援委員会福島復興支援分科会から「東京電力第一原子力発電所事故による長期避難者の暮らしと住まいの再建に関する提言」が出されました.

高木特任准教授と瀬戸研究員が共同執筆に加わった書籍が刊行されました

『離島研究 Ⅴ』が海青社から出版され,高木さんと瀬戸さんによる本プロジェクトの研究論文「三宅島雄山噴火による長期避難とその後の復興過程」が収録されました.

2015.3.16 国際シンポジウム開催のお知らせ(福島市)

第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム「国際シンポジウム 複合災害からの復興と災害復興学の確立」Building back from Cascading Disasters and Establishment of …

年別アーカイブ

PAGETOP